「安定的・長期的なビジネスを叶えるための
3Days動画プログラム」をプレゼント中! 無料で受け取る

WordPress・Wix・Jimdoを徹底比較!目的別におすすめのWebサイト作成ツールを分かりやすく解説します

Mariko

こんにちは、女性のビジネス専門のWEB集客プロデューサー 安齋 茉利子(あんざい まりこ)です。
SEOマーケティングアドバイザー/ウェブ解析士/Googleアナリティクス 個人認定資格etc
@mariko__anzai

このページにたどり着いた方、もしかしてこのようなお悩みをお持ちではないでしょうか?

  • ホームページを作りたいけど初心者で作れるのかな?
  • いろんなサイトを作るためのシステムがあるけど、どれが自分にあってるのかな?
  • SEO 対策に力を入れたいけど、WixやJimdoだとちょっと心配
  • せっかく作るなら一生使える質の高いサイトを作りたいけど、どれが良いのか分からない

今回はこれらのお悩みをすべて解消できるよう、代表的なWebサイト作成ツールであるWordPressとWix、Jimdoを徹底的に比較し、メリットやデメリットをご紹介していきます。

WordPress・Wix・jimdoの比較
この記事はこんな方におすすめ
  • 自分の目的にあったツールを知りたい。
  • それぞれのツールのメリットとデメリットを知りたい。
  • SEO 対策におすすめのツールを知りたい。

公式LINEご登録者限定!
3Days無料動画プログラム」をプレゼント中♪

公式LINE登録


公式LINEのお友だちにご登録いただいた方には、

肩肘張らない自然体な「私」で選ばれる
安定的・長期的なビジネスを実現するための
3Days動画プログラム

をプレゼント中です*

その他、新サービスやモニター募集、期間限定の割引クーポンなど、お友だち限定の最新情報をお届けしています。

メルマガ登録者限定!
WEB集客課題発見シート」をプレゼント中♪

メルマガ登録


疲弊と不安ゼロのWEB集客で、「時間」と「お金」の自由を手に入れる7日間メール講座

も配信中!

その他、WEB集客やホームページ制作、SEO、ブランディングなど、ブログでは伝えきれない女性のビジネスに役立つ情報を定期的に配信しています。

Contents

WordPress・Wix・Jimdoを比較する前に

Webサイト制作の目的を明確にしておこう

Webサイト作成ツールを比較する前に、まず抑えておきたいポイントがあります。それは、「Webサイトを作成する目的を明確にすること」です。集客目的ではなく名刺代わりの簡単なホームページが欲しいのか、集客するためのブログサイトを作りたいのか、自分所有の資産になるようなWebサイトを作り込みたいのかなど目的によっておすすめのツールも変わってきます。私がお客様のWebサイトを作成する際も、まずはこの「Webサイトを作成する本当の目的」のすり合わせに時間をかけています。とても重要な部分なので、ぜひじっくり考えてみてください。

サーバーとドメインについて理解しておこう

サーバーとドメインはWebサイトの価値にも大きく関わってくる部分です。手続きが簡単だからと、何も理解しないままWixやJimdoで作成してしまうと、後々大きな落とし穴に陥ることがあります。しっかり理解してから、比較検討しましょう。


サーバーとはインターネット上の土地、ドメインとはインターネット上の住所のようなものです。Webサイトを制作するためには、まずこの土地(サーバー)と住所(ドメイン)が必要になります。

WordPress・Wix・Jimdoのサーバーについて

WordPressで作成する場合は、サーバーを別途契約する必要があります。一方、WixやJimdoはサーバーとホームページ作成ツールがセットになっているため別途契約する必要はないですが、月額費用を支払わないと独自ドメインを使用できなかったり、サーバーの移行ができなかったり、容量が少ないので表示スピードが遅かったりとWordPressと比較するとデメリットも多いため、注意が必要です。

WordPress・Wix・Jimdoのドメインについて

ドメインはURLの一部で、このサイトでいうと「/reve-support.com/」の部分になります。これは独自ドメインというもので、会社やサイト独自のURLです。独自ドメインは SEO の効果があるだけでなく、サイトとしての信用度にもつながるので、ビジネスでWebサイトを作成するなら必ず取得することをおすすめします。
WordPressの場合、無料で独自ドメインを設定できますが、WixやJimdoは有料プランにしないと設定できません。無料プランだと「○○○.jimdo.com/」や「○○○.wixsite.com/ 」のようになってしまい、商用サイトとしてはあまり印象が良い印象を与えません。また将来的にWixやJimdoを解約して、別のツールでホームページを作成する場合には、同じURLが使えないので注意が必要です。同じURLが使えないということは、GoogleやYahooの検索エンジンの評価が引き継げず、積み上げた SEO 評価がなくなってしまいます

サーバーとドメインについてはとても重要な部分なので、これらの仕組みを理解した上でWebサイト作成ツールを比較してもらえればと思います。

WordPress(ワードプレス)のメリットとデメリット

Wordpress

WordPressは世界・日本ともにシェアNO1のCMS(Contents Management System)です。オープンソースで提供されているため、自由度が高く小規模サイトから大規模サイトまで幅広く対応できます。個人的には質が高く、一生使えるサイトを作成するならWordPress一択です。

Mariko

Wixやjimdo、アメブロのような営利企業が運営・サポートしているサービスだと、いつかサービスが終了してWebサイトが削除されてしまう可能性もあります。その点、WordPressはオープンソースなので安心ですね!

オープンソースとは:ソフトウェアのソースコード(プログラミング言語で記述された文字列)を無償で公開し、誰でも自由に改良・再配布ができるようにしたソフトウェアのことです。 

WordPressのメリット

1. SEOに強い構造を作りやすい

SEO 対策には様々な要素が関わってきます。WixやJimdoは限定的な SEO 対策しかできないのに対し、WordPressは表示速度向上や画像の自動圧縮など SEO 強化に役立つプラグイン(拡張機能)が豊富に揃っています。また、Googleなどの検索エンジンがクロール(サイトを評価するために巡回すること)しやすい構造設計になっているため、WordPressを使うこと自体がSEO対策になります。

2. デザインの自由度が高く、他社と差別化しやすい

WordPressはとにかくデザインの自由度が高くプラグイン(拡張機能)も豊富なので、初心者の方でも豊富なデザインテンプレートを基に自分好みのWebサイトを簡単に作ることができます。CSSやPHPの知識があればさらに自由にカスタマイズ可能です。もちろん、1からデザインすることも可能なので、世界で一つだけのオリジナルWebサイトを作ることができるのも大きなメリットです。

Mariko

オリジナルデザインでWebサイトを作る場合や高度なカスタマイズを行う場合は、プロに依頼しましょう。

3. 世界・日本シェアNO1で、分からないことを調べやすい

WordPressの日本でのシェアは8割を超え、今後もさらに増えていくと言われています。利用者が多いということは、それだけインターネット上の情報も多いということです。分からないことがあっても、調べればすぐに出てくるということも、WordPressを利用するメリットだと思います。

4. 自分所有の資産になる

WordPressは自分所有の資産になります。WixやJimdo、アメブロなどは運営会社から借りているという考え方なので、サービスが終了して自分のWebサイトがなくなってしまう可能性もあります。WordPressはサーバーもドメインも独自で契約しているため、自分所有の一生物の資産になります。

5. 独自ドメインを無料で設定できる

WordPressは3つのサービスの中で唯一独自ドメインを無料で設定できます。独自ドメインは冒頭で説明した通り、 SEO にも有利でサイトの信頼にもつながります。

6. データのバックアップが取れる

WordPressはバックアップ(データを複製して保存すること)を取ることが可能です。これにより、サーバーの問題でデータが消えてしまったり、悪意のアタックにより削除・改竄されてしまった場合でも、バックアップ時のデータに戻すことが可能です。また、将来的に他のサービスに移行することも可能です。

WixやJimdoは他のサービスに移行できないため、1から作り直すことになります。長年更新していたブログやSEO順位もなくなってしまうので、注意が必要です。

WordPressのデメリット

wordpress

1. Wix・Jimdoと比較すると初心者には難しい

WordPressを始めるには、サーバーと独自ドメインの契約し、サーバーにWordPressをインストールする必要があります。また、カスタマイズも内容によってはHTMLやCSS、PHPの知識が必要なので、自由度が高い分少し難しく感じるかもしれません。オリジナルデザインで1から作ることもできますが、その場合はWeb制作会社への依頼が必要になるので、コストが発生します。

Mariko

私自身はじめてWordPressのサイトを立ち上げた時はWebの知識ゼロでした。WixとJimdoと比較すると難しいかもしれないですが、WordPressも十分初心者でも簡単にサイトを作れるツールです。

2. 保守・メンテナンスを自分で対応する必要がある

オープンソースで自由度が高い反面、運営会社が存在しないためバージョンアップやセキュリティ対策、不具合対応も自分で対応する必要があります。Web制作会社に制作を依頼すると、運用・保守も対応してくれるところがほとんどなので安心です。契約時に運用・保守についてしっかり確認することも忘れずに。

3. 利用者が多い分悪質なアタックのターゲットになりやすい

シェア増加に伴い、WordPressを狙う悪質な攻撃が発生しているのも事実です。そのため、WordPressは定期的なメンテナンスが発生します。このような脆弱性対応のためにも、バージョンアップなどの運用・保守はしっかり行いましょう

WordPressはこんな方におすすめ!

  • 他社と差別化できるオリジナル性の高いサイトを作りたい
  • 一生物の自分の資産になるような質の高いサイトを作りたい
  • ページ数の多いブログやメディアサイトなどを作りたい
  • 検索エンジンで上位に上げやすいサイトを作りたい

Wix(ウィックス)のメリットとデメリット

wix

Wixは感覚的な操作で簡単にWebサイトを作ることができるツールです。Jimdoと比較して利用者数が多く、機能面も充実しています。無料プランと有料プランが用意されていて、有料プランの金額によって機能の充実度が変わってきます。

無料プランだと独自ドメインを取得できないため、有料プランをおすすめします。

Wixのメリット

1. 利用者が多く、機能面やデザインのテンプレートが充実している

日本シェア8割超えのWordPressと比較すると劣りますが、同じようなJimdoなどのサービスと比較すると利用者が多く(世界シェア6位)、デザインテンプレートや機能も充実しています。その分機能や操作がやや複雑になっているので、Jimdoと比較すると初心者の方には少し難しく感じるかもしれません。

2. 初心者でも感覚的に作ることができる

基本的にはマウスのドラッグ&ドロップの操作で簡単に作ることができます。また、HTMLやCSSの知識がなくても、多少カスタマイズすることも可能です。Wixで作るのであれば、自分でも簡単に作ることができるので、Web制作会社への委託コストを節約することができます。

3. 運営会社のサポートがある

WordPressのオープンソースとは異なり、運営会社が存在するためサポートが充実しています。ヘルプセンターで情報を収集できる他、メールや電話での問い合わせも可能です。

Wixのデメリット

1. 独自ドメインは有料プランのみ

SEOやサイトの信頼度に影響する独自ドメインは有料プランのみになります。「無料」という部分に魅かれていたら注意が必要です。独自ドメインを設定できないだけでなく、広告が勝手に表示されてしまったり、データ容量が小さかったりと何かと不便があります。Wixで個人やビジネス用途でホームページを作るのであれば、月額費用が発生すると思った方が良いでしょう。

2. 他サービスに移行できない

WordPressのようにバックアップを取れないため、他のサービスに移行することができません。手間のことを考えて、とりあえず簡単なWixで作成して、将来的にWordPressに移行しようと考えていたら要注意!Wixのデータを移行することができないため、長年更新していたブログやSEOのパワーも引き継ぐことはできません。

3. 容量制限がある

Wixは有料プランで容量を拡張できますが、制限が伴います。データ容量はWebサイトの表示スピードに大きく関わってきます。また、Webサイトの表示スピードはSEOやユーザビリティにも大きく影響します。

Mariko

SEOの面では、WordPressで作られたWebサイトより上位表示を目指すことは正直難しいかもしれません。それなりの検索ボリュームがあるキーワードでの上位表示は、やはりWordPressで作られたサイトがほとんどを占めていますね。

Wixはこんな方におすすめ!

  • Web制作会社に依頼せずに自分で作りたいけど、多少はカスタマイズしたい
  • とりあえずシンプルな名刺代わりのホームページを用意したい(集客目当てではない)
  • 期間限定のランディングページ を作りたい
  • 初心者向けWebサイト作成ツールの中でもできるだけ機能が豊富で利用者が多いサービスを使用したい

Jimdo(ジンドゥー)のメリットとデメリット

jimdo

Jimdoは、Wixと同様にドラッグ&ドロップの操作で感覚的にWebサイトを作ることができます。Wixと比較すると、より初心者向けで操作が簡単でわかりやすいのが特徴です。
アプリ版もリリースされ、パソコンだけでなくiPhone、Androidなどのスマホからでも簡単にホームページを作ることができます。外出先でもホームページの更新・変更を簡単にできるのがJimdoの特徴です。

Jimdoのメリット

1. 初心者でも感覚的に作ることができる

Wixと同様にHTMLやCSSの知識がなくても簡単にホームページを作ることができますが、より初心者に使いやすいのはJimdoです。

2. 運営会社のサポートがある

WordPressのオープンソースとは異なり、運営会社が存在するためサポートが充実しています。日本ではKDDIウェブコミュニケーションズがサービス提供しているので、イスラエル発のWixより日本語対応サポートが進んでいるようです。

3. セミナーや勉強会も充実している

Jimdoでは全国に「JimdoCafe」があり、定期的にJimdoのセミナーや勉強会を開催していたり、ホームページ作成や運営の相談も可能です。

Jimdoのデメリット

1. 独自ドメインは有料プランのみ

Jimdoは独自ドメインの設定は有料プランのみになります。Jimdoで個人やビジネス用途でホームページを作るのであれば、月額費用が発生すると思った方が良いでしょう。

2. 他サービスに移行できない

Jimdoはバックアップを取れないため、他のサービスに移行することができません。例えば、何年かJimdoで運用した後にWordPressに移行したいと思ってもデータの移行ができないため、長年更新していたブログやSEOのパワーを引き継ぐがことはできません。

3. 年間契約しかない

Wixは年間契約と月間契約から選択することができますが、Jimdoは年間契約しか対応していません。年間の費用を一括で払う必要があるため、Wixと比較すると不便な部分になります。

Jimdoはこんな方におすすめ!

  • Webの知識が全くないため、とにかく初心者向けの簡単なサービスが良い
  • Web制作会社に依頼せずに自分で作りたい
  • とりあえずシンプルな名刺代わりのホームページを用意したい(集客目当てではない)
  • 期間限定のランディングページ を作りたい

WordPress・Wix・jimdo結局どれがおすすめ?

インデックスとは?検索エンジンに表示される仕組み

WordPress・Wix・jimdoのメリットとデメリットをご紹介してきましたが、ここからは結局どれがおすすめなのかという点について、目的別にご紹介していきます。

名刺代わりに知り合いやお客様に見せるだけならWix・jimdoがおすすめ

名刺変わりに事業のサービス内容やプロフィールを見せるだけであれば、Wixやjimdoで十分です。プロのWEBデザイナーに外注しなくても、WEB初心者でも簡単に制作できるのもメリットです。
ただし、Googleなどの検索結果から集客するなどのSEO効果は期待できないので、注意が必要です。

WEBに自信がない方はjimdoがおすすめ

Wixは細かなカスタマイズやデザインの調整が可能なのでおしゃれなデザインを作ることが可能ですが、一方で初心者には少し使いづらいと感じる部分もあります。パソコンに慣れていない方やWEBにとにかく苦手意識があるという方は、初心者でも簡単に操作できるjimdoの方がおすすめです。

WEBに少し自信がある方はWixがおすすめ

細かなカスタマイズやデザインを調整しながら、自分好みのホームページを作りたいという方にはWixがおすすめです。ただし、WEBやパソコンに苦手意識がある方には難しく感じる操作もあるため、ある程度自分で調べながら対応していく自信がある方におすすめです。

検索エンジンから集客をしたいならWordPressがおすすめ

WEB上でお店の集客をしたいのであれば、WordPress一択になります。先ほどご紹介した通り、WordPressはSEO対策で検索上位に表示されやすい=集客できる可能性が高いからです。

ただし、何もしなくても集客できるわけではなく、しっかりとSEOの知識を身につけてブログを運営していく必要はあります。

ブログで稼ぎたいならWordPressがおすすめ

ブログを本格的に始めたいもしくはブログで稼ぎたいなら、WordPress一択です。何度もお伝えしている通りWixやjimdoはWordPressと比べるとSEO対策が弱いため、検索上位を狙うことが難しいです。検索上位を狙えないということは、せっかくブログを書いても読んでくれる人がなかなか増えず、ブログで稼ぐことはまず難しいです。

また、Wixとjimdoは無料プランでは広告が表示されてしまうため、アフィリエイトなどで自分で稼ぐことはさらに難しくなります。(自分の広告が目立たないため)

一方で、WordPressはSEO対策がしやすく、広告も表示されないため、集客しやすい&稼ぎやすい条件が揃っています。

WordPress・Wix・jimdoの比較まとめ

WordPress・Wix・jimdoの比較

まとめると、SEOに力を入れて集客もしくはブログで稼いで行きたいのであれば、WordPress一択、集客目的ではない=SEO対策に力を入れないのであればWixやJimdoがおすすめです。ただし、ご紹介した通り、それぞれデメリットや注意点もあるので、後々後悔しないためにもそれらをしっかり理解した上で利用しましょう。

公式LINEご登録者限定!
3Days無料動画プログラム」をプレゼント中♪

公式LINE登録


公式LINEのお友だちにご登録いただいた方には、

肩肘張らない自然体な「私」で選ばれる
安定的・長期的なビジネスを実現するための
3Days動画プログラム

をプレゼント中です*

その他、新サービスやモニター募集、期間限定の割引クーポンなど、お友だち限定の最新情報をお届けしています。

メルマガ登録者限定!
WEB集客課題発見シート」をプレゼント中♪

メルマガ登録

疲弊と不安ゼロのWEB集客で、「時間」と「お金」の自由を手に入れる7日間メール講座

も配信中!

その他、WEB集客やホームページ制作、SEO、ブランディングなど、ブログでは伝えきれない女性のビジネスに役立つ情報を定期的に配信しています。

女性のビジネス・WEB集客に関するご相談を承ります♪

安齋茉利子

01. 60分単発コンサル

60分間の個人セッションの中で、あなたの目的やお悩みごとに今やるべきことや解決につながる行動を一緒に導き出します。

単発で受講できるコンサルなので、フリーランスや女性の起業、WEB集客のお悩み相談、ホームページやブログのフィードバックなど 私でサポートできる内容であれば柔軟に対応いたします。
困ったときや行き詰まったときの相談窓口として、リピーターさんからもご利用いただいています。

60分単発コンサルの詳細はこちら

02. 自分のペースで学べる「オンラインWEBスクール」

WEB集客やSEO、ブランディングについて、動画+ワークシート+個別相談(1〜2回)で学べる講座です。
忙しい女性起業家さんやフリーランスの方でも、自分のペースで好きな時に好きなだけ学ぶことができますので、ぜひお好きなタイミングでご活用ください♡

動画講座購入サイトはこちら

03. マンツーマンビジネスコンサル

あなたらしさで選ばれる持続可能なビジネスモデルと集客基盤を整える6ヶ月間のプログラム。

ブランディング・商品設計・WEB集客導線を設計するための動画講座、いつでも好きなだけ質問し放題のチャット相談モヤモヤを解消し行動を加速するための隔週のセッションで、6ヶ月間徹底的にサポートします。

マンツーマンビジネスコンサルの詳細はこちら

04. ホームページ制作・リニューアル

本気で集客したい方のためのホームページ制作全般を承ります。集客のためのSEO対策、アクセス解析〜改善のご提案、女性向けデザインが得意です。

ホームページ制作・リニューアルの詳細はこちら

WordPressを使用したホームページ制作を承っています。SEOや導線設計などマーケティングの視点を考慮したサイト制作が強みですので、気になる方は以下のお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせくださいませ*

Webサイト作成ツールを徹底比較

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

Mariko Anzaiのアバター Mariko Anzai WEB集客プロデューサー/ 旅好きフリーランス

30代未経験の金融系会社員から、マーケティング会社への転職とデザインスクールでの学びを経て、2020年4月にマーケティングが得意なWEBデザイナーとして独立。

半年後には制作事業と合わせてコンサル事業も開始し、これまでに単発・長期コンサルを含めて100名を超えるフリーランス・女性起業家さんのWEB集客やホームページ、SEOに関するマンツーマンアドバイスを実施。

働く時間と収入のバランスを何よりも大切にし、現在は1日4時間労働で毎月70万円以上を安定的に稼ぐ働き方を確立。

月1旅行や長期ワーケーションを楽しみながら、心と時間の“余白”を大切にしたストレスフリーなライフスタイルを送っている。

Contents