【無料】メルマガのご登録はこちら メルマガ登録

アメブロで集客はできない!?集客を目指すならWordPress(ワードプレス )がおすすめの理由

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、Webデザイナー&マーケターのMarikoです。

以前はアメブロで集客できていたのに、ここ数年お問い合わせや反応が減っている。

集客にはアメブロよりワードプレスが良いということはよく聞くけど、なんでアメブロはダメなんだろう?

このような疑問やお悩みありませんか?私自身アメブロを利用しているお客様からこのようなご相談を受けることがたまにあります。
そんなお客さまからのお悩みの声を聞いて、ブログに詳しく書いておこうと思いテーマとして取り上げました*

この記事はこんな方におすすめ
  • アメブロで昔は集客できていたけど、今は埋もれてしまっていて焦っている。
  • ワードプレスでブログを始めた方が良いのか悩んでいる。
  • アメブロとワードプレスの特徴や違いを知りたい。
CONTENTS

以前はアメブロで集客できていた!?

WordPressで女性向けブログにおすすめのテーマ

ホームページ制作をご相談をいただくお客様から「以前はアメブロで集客できていたのに、最近お問い合わせが減ってしまって・・・」というお悩みを受けることがよくあります。

私自身、2014年〜2016年頃まで個人的にアメブロでブログを書いていたのですが、特に SEO を意識して書かなくても、検索1位をとれる記事が確かにありました。その頃はアメブロ全盛期で、検索をしてもアメブロ記事が上位を占めていることが多かったかと思います。
その後、ワードプレスや SEO の知識が広まり、SEO対策記事が増えるようになってからは、 SEO に弱いアメブロはGoogle検索などの検索エンジンの世界ではやはり埋もれてしまうようになりました

また、アメブロはSNS要素が強いツールなので、時代の流行にも左右されます。元々女性ユーザーが多かったアメブロですが、インスタが流行してからはインスタの方にユーザーが流れたことも、アメブロの勢いを止めてしまった理由の一つでもあるかと思います。

いまアメブロ集客ができない理由

フリーランス女性のストレスフリーな働き方

では、なぜいま検索エンジン上でのアメブロ集客が難しいと言われているのでしょうか?その理由についてご説明していきます*

1. SEOに弱い

アメブロはSEOに必要な設定が十分にはできません。例えば、サイトにどんな記事があるのか構造を検索エンジンに伝えるためのXMLサイトマップや記事URLの設定ができないことが挙げられます。SEOに弱いということは、検索エンジン上で集客する場合は、圧倒的に不利になってしまいます。

また、アメブロ記事は自分の考えやその日あった出来事などを日記のような形で書くことが多く、確かにその方がアメブロの読者には響きやすいです。しかし、検索エンジンの順位を上げるという観点で言うと、このような日記のようなブログはSEOに適していないブログの書き方なので、ますます順位を上げることは難しくなります。
SEOの基本的な考え方として、ユーザーにとって価値のある情報(ユーザーのお悩み解決)を発信することが大前提なので、SNS的要素が強いアメブロはやはりSEOには向いていないということになります。
そのため、アメブロでは検索エンジンからの流入を期待することは難しく、SNSと同様にアメブロ内でのコミュニケーションツールとして考えた方が良いです。

2. SNSの要素が強い

先程お伝えした通り、アメブロはアメブロコミュニティ内でのコミュニケーションが多いことから、SNS的な要素が強いブログと言えます。つまり、そもそもアメブロ内にターゲットとしているお客さまがいないのであれば、有効的な集客ツールとは言えないのが正直なところです。最近はインスタやFacebookなどのSNSを利用している方が多いので、ターゲットによってはコミュニティ内への訴求はそちらで考えた方が良いかもしれません。
ただし、SNSは流行に左右されやすいため、やはり集客ツールとして依存しすぎるのはおすすめしません。インスタ、note、アメブロ、Facebookなどもそうですが、運営会社が万が一倒産してしまったり、媒体自体がなくなってしまったときには、今まで積み上げてきたコンテンツも全て失う可能性も出てきます。そうならないためにも、やはり自分の資産となる独自ドメインのホームページは、オウンドメディアとして持っておいた方が安心です。

オウンドメディアとは:自らが所有し、消費者やユーザーに向けて発信する媒体。

3. 独自ドメインを利用できない

独自ドメインとは、このブログであれば、「https://revedesign.jp/blog/」の「revedesign.jp」の部分にあたります。これは私所有のいわばネット上の住所というイメージです。
アメブロの場合、独自ドメインではなくアメブロのドメインを借りているため「https://ameblo.jp/×××/となってしまいます。これは、アメブロ所有の住所の一角を借りているイメージです。

記事を書くということは、ドメイン自体を検索エンジンに強化する効果もあります。私の場合、このブログはホームページ(https://revedesign.jp/)のドメイン下に作っているため、記事を書けば書くほどホームページのドメインも強くなる仕組みになっています。

ただし、アメブロの場合は、アメブロで書いた記事はアメブロさんの本体サイト「ameblo.jp」が強くなり、自分のブログ自体の強化は難しいのです。また、独自ドメインでないということは、アメーバブログの判断で削除されてしまうこともあるため、やはり集客ツールとして頼りすぎるのは長期的な目線で考えるとリスクが大きいです。

集客にはWordPress(ワードプレス)がおすすめの理由

Wordpress

1. 圧倒的にSEOに強い

やはり「SEOに強い」ことがいちばんの理由になります。現時点ではSEOに最も強い構造を作ることができるCMS(コンテンツマネジメントシステム)です。検索エンジンからの流入を目指したいのであれば、迷わずワードプレスに移行することをおすすめします。

2. 自分所有の一生物の経営資源になる

ワードプレスでは独自ドメインを取得できるため、メディアや運営会社の意向や判断に左右されることなく、自分所有のホームページを持つことができます。つまり、ネットというものが存在する限り消えることはなく、自分でコントロールしながら育てていくことができるのです。しっかりと質の高いブログ記事を更新していくことで、ネット上で自動的に営業活動をしてくれる一生物の経営資源に育てることも可能です。

アメブロの賢い使い方

ここまで読んでいただいた上で、それでも今まで利用してきたアメブロに愛着があるし、今後も使い続けたい!というアメブロ好きな方におすすめの利用方法をご紹介します。

1. WordPress(ワードプレス)とアメブロで目的別に使い分ける

検索エンジン上での集客目的にはワードプレス、自分の考えやその日の出来事などを自由に書いて自分個人の「人となり」を知ってもらうためにアメブロなどと使い分けることで、アメブロを使う意義を見出すことも可能です。ツールによって目的をしっかりと決めて、ブレずに運用していくことが重要です。

2. ブログの拡散ツールとしてSNSの立ち位置で使用する

ワードプレスでブログを書いた後に、そのブログを拡散するためにアメブロでさらに宣伝することも有効的です。これはアメブロ以外のSNSも同様で、ブログを書いたらTwitter、Facebook、インスタなどで検索エンジン以外のコミュニティ内のユーザーにも拡散して認知度をあげましょう。

集客を目指すならアメブロよりWordPress(ワードプレス )がおすすめの理由まとめ

アメブロで集客できない理由

今回はあくまでも検索エンジン上での集客を目指すのであれば、ワードプレスがおすすめという内容をお伝えさせていただきました。重要なのは、それぞれの集客ツールの特性を把握して、目的によってしっかりと使い分けることです。
ブログで集客したい方は、ぜひワードプレスへの移行を検討してみてくださいね。

私の方でもワードプレスでのホームページやブログの制作を承っています。
気になる方は、一度お気軽にご相談くださいませ*

60分個別相談会実施中!

お客さまのお悩みに合わせた完全オリジナルのコンサルを60分間行います。
フリーランスを目指している方、ブランディングやWEB集客にお悩みの方、ブログやホームページのフィードバックが欲しい方に向けて、WEBマーケティングの視点からアドバイスいたします。

詳しい内容や料金については、ホームページのサービス内容をご覧ください。
60分個別相談会の詳細を見る

メルマガ登録者限定!
初心者向け!ホームページ集客の手順書」をプレゼント中♪
無料メルマガ登録はこちら

毎週月曜日
たった10秒で身に付くWEBマーケティングの豆知識」を公式LINEで配信中!
LINEのお友だち追加はこちら

【無料】メルマガのご登録



WEB集客にお悩みの方やフリーランス女性に役立つ情報をメールで配信しています。
メルマガご登録者限定で「ホームページで集客するための手順書」をプレゼント中!
下記「メルマガに登録する」ボタンより、ご登録ください*

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
CONTENTS
閉じる