【無料】メルマガのご登録はこちら メルマガ登録

Googleタグマネージャー(GTM)でGA4の移行・設定をする方法

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、Webデザイナー&マーケターの安齋 茉利子(あんざい まりこ)です。
(SEOマーケティングアドバイザー/ウェブ解析士/Googleアナリティクス 個人認定資格)

Googleより2023年7月1日をもって、現在使用されているGoogleアナリティクスのバージョン(ユニバーサルアナリティクス/UA)を廃止するとの発表がありました。
これにより、現在使用されているユニバーサルアナリティクスでは2023年の7月1日以降はデータが取得できなくなるため、後継であるGoogleアナリティクス4(GA4)の導入が必要です。

UAからGA4へのデータの移行や引継ぎはできないため、UAが廃止された後もGA4で前年同月データを比較するには、少しでも早いうちに導入しておく必要があります。

そこで、まだ導入できていない方のために、今回の記事ではGoogleタグマネージャーを使用してGA4を導入する手順をご紹介いたします。

GA4に移行前に知っておくべき基礎知識はこちらのブログ記事をご覧ください。

この記事はこんな方におすすめ
  • まだGA4への移行が済んでいなくて焦っている
  • お客さまへのサイト納品時にGA4も導入したい
  • タグマネージャーを使ってみたいけど、使い方がわからない
Contents

Googleアナリティクス4(GA4)とは?

GA4の導入

GA4とは「Googleアナリティクス 4」の略称で、Googleが提供するアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」で現在使用されているユニバーサルアナリティクス(UA)の後継です。

GA4へ移行の前にいくつか確認していただきたい注意事項をご紹介します。

GA4とは
注意事項
  • 2023年の7月1日以降はUAによるデータの取得ができなくなるため、後継であるGoogleアナリティクス4の導入が必要です。
  • UAからGA4へのデータの移行・引継ぎは不可。(UAが廃止された後もGA4で前年同月データを比較するには今すぐに導入が必要!)
  • 管理画面のUI、指標、レポートなどすべて異なるため、全くの別ツールとして認識する必要がある。

Googleタグマネージャー(GTM)とは?

タグマネージャー

Google タグマネージャーとは、Googleが提供する複数のタグを一元管理できる無料ツールです。

タグマネージャーを使用せずにGoogleアナリティクスやサーチコンソール、広告計測などのタグをそれぞれ追加すると、管理が煩雑になったり、修正が大変でミスが起こりやすくなったりと様々なリスクが発生します。
タグマネージャーを使用することで、1つタグを追加するだけで複数のタグを一元管理できるようになるので、管理や作業が効率的になると同時に、ミスが発生しにくくなります。

タグとは:外部サービスを呼び出すためのコード=「タグ」といいます。WEBマーケティングの活動の中では、ソーシャル系、広告系、解析系など大量のタグが発生します。タグマネージャーを使用することで、これら複数のタグを一元管理できます。

タグマネージャーなしの場合
  • ページ・タグごとのHTMLの修正が大変
  • タグが増え続けることによるWebサイトの動作への悪影響
  • 実装不備によるデータ欠損のリスク
タグマネージャーを使う場合
  • タグマネージャーのタグを1つ記述するだけで、全てのタグを一元管理できる
  • ページのHTMLを編集せずにタグの管理が可能
  • タグの配置がシンプルになるので動作が軽くなる傾向がある
  • バージョンを自由に戻せるのでトラブル対応が容易

GA4への移行・設定手順

ホームページで集客効果が出ない4つの原因

ここからは、今まで使用していたUA(ユニバーサルアナリティクス)からGA(Googleアナリティクス)に移行する手順をご説明していきます。

アナリティクス側での設定

STEP
GA4のプロパティ作成
GA4のプロパティ作成

Googleアナリティクスにいつも使っているGoogleアカウントでログインし、左下の「管理」をクリックし、「GA4設定アシスタント」をクリック。

STEP
データ保持期間の変更
データ保持期間の変更

画面左下の「管理」→データ設定内の「データ保持」をクリックし、14ヵ月に変更。

データ保持」とは、アナリティクスに保存されたデータが自動的に削除されるまでの期間です。
前年のデータと比較できるように、最長の「14ヶ月」に設定しておくことを忘れずに。

STEP
Googleシグナルの設定
Googleシグナルの設定

画面左下の「管理」→データ設定内の「データ保持」からGoogleシグナルを有効にする。

Googleシグナル」とは、Googleにログインしているユーザーから得られるデータです。有効にすることで、アナリティクスで収集したデータとGoogleのログインアカウントのGoogle情報が関連付けられます。これにより、PC、スマホとデバイスを横断して行動したときでも、同じユーザーとしてトラッキングできるようになり、計測の精度が上がります。

タグマネージャー側での設定

STEP
アカウントの開設
アカウントの開設

①「アカウントを作成」をクリック
②「アカウント名」「」「コンテナ名」「ターゲットプラットフォーム」を設定して、「作成」をクリック。

STEP
サイト内へのタグ設置
サイト内へのタグ設置

画面に表示された以下2つのコードをサイト内に設置する。

後からコードを確認したい場合は、右上の「GTM-〜〜〜」をクリックすると表示されます。

STEP
タグの設定
タグの設定

① 左側メニュー「タグ」→「新規」をクリック。
②「タグの設定」で「Googleアナリティクス:GA4設定」を選択。
③Googleアナリティクスの画面で左下の「管理」から「データストリーム」をクリックし、測定IDを確認。
④GAの画面上で確認した測定IDをGTMの画面に入力。⑤トリガーをクリックし、「All Pages」を選択します。

STEP
プレビューでの動作確認
プレビューでの動作確認

タグ設定、トリガー設定が終わったら、プレビューモードでタグが動作しているか確認します。右上の「プレビュー」をクリックし、テスト対象のサイトのURLをを入力し、「Connect」→「Continue」をクリック。

プレビューでの動作確認

テスト用の画面(Tag Assistant)が表示されます。「Tags Fired」に表示されているのが実行されたタグです。ここに表示されている=問題なくタグが動作しているということになります。

STEP
本番公開
本番公開

ダッシュボードの右上「公開」をクリックして、本番環境にリリース。「バージョン名」「バージョンの説明」は自分で管理しやすいように入力すればOK。
※リリース履歴は「バージョン」から確認可能。バージョンを戻すこともワンクリックで可能です。

公開後も問題なく計測されているかの確認を忘れずに!

GTMを設定してスムーズにGA4へ移行しましょう

Googleタグマネージャーで GA4の移行・設定をする方法

今回の内容はすでにGoogleアナリティクス(UA)を使用している方向けだったので、WEB初心者の方には難しかったかもしれません。

冒頭でお伝えしたとおり、2023年7月には現在のGppgleアナリティクス(UA)での計測はできなくなります。少しでも早いうちにGA4への移行を進めましょう!

「実際にやってみたけどよくわからなかった」「つまづいてしまった」という方は、ぜひ個別相談にてご相談ください。
「そもそも移行を代行したい」という方は、設定代行も承りますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

Instagramでは、フリーランスや女性の起業に役立つ情報だけでなく、私の日常などプライベートなことも発信しています。
お気軽にフォローしていただけると喜びます!
Instagram:@revedesign_m

メルマガ登録者限定!
初心者向け!ホームページ集客の手順書」をプレゼント中♪

お得なキャンペーン情報や新サービスのリリース、モニターさん募集などを
優先的にご案内します。

Googleタグマネージャーで GA4の移行・設定をする方法

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Contents
閉じる