【無料】メルマガのご登録はこちら メルマガ登録

【会計フリー(freee)】フリーランス が確定申告を30分で終わらせるための4つのポイント

URLをコピーする
URLをコピーしました!

このブログでも何度もおすすめしている会計ソフト「freee」。
私自身、毎年の確定申告が30分で終わっているくらい効率化できているので、個人で事業を始める方には毎回おすすめしているのですが、確定申告を30分で終わらせるためには、やっぱりそれなりの事前準備は必要です。

Mariko

会計フリーに登録さえすれば良いというわけではなく、やっぱり日々の帳簿付などの事前準備は必須です!

今回は確定申告をスムーズに終わらせるために、事前に準備しておくべきものやポイントをご紹介します。

この記事はこんな方におすすめ
  • 会計フリーの導入を検討中だけど本当に確定申告が早く終わるのか心配
  • 会計フリーを使ったけど、確定申告に時間がかかってしまった
  • とにかく確定申告を楽にする方法を知りたい
Contents

ポイント1 毎月の帳簿付けをルーティン化する

フリーランスの経理のやり方

年度末の確定申告の時期に、1年分の入出金を一気に整理して焦る方も多いのではないでしょうか?

会計フリーに登録をしたとしても残念ながらこれは同じで、入出金の登録は楽になるとはいえ、やっぱり1年分の売上や経費を一度に整理するにはかなりの労力がかかります。

確定申告を楽にするためのポイントとしては、毎日でも毎月でも良いので、定期的に入出金を登録しておくことです。これは必ずルーティン化しましょう!

私の場合は、月初に前月分の帳簿をつけています。会計フリーの場合、連携している口座やクレジットカードの入出金は自動で登録され、現金や他のクレジットカードで支払った分のみ登録すれば良いので、かなり楽です!手動登録の場合でも、レシートを撮影すれば自動で勘定科目や金額を認識してくれるので、こまめに登録しておけば手間にはなりません。

私の経理のルーティン作業は以下の記事でご紹介しているので、もしご興味があればこちらもご覧ください*

ポイント2 家事按分がある場合は事前に登録しておく

フリーランス女性におすすめのお仕事選びの条件

家事按分とは、普段使っているお金の一部を業務の必要経費として計上することができることを指します。
フリーランスや個人事業主の場合、自宅をオフィスとして使っていたり、携帯電話をプライベートと共用しているなど、事業用とプライベート用の支出が一部かぶっているケースがあるかと思います。このような場合、会計フリーで事前に家事按分を登録しておくと、全体の支出を登録するだけで確定申告の際に家事按分の計算が自動で行われます。毎回支出の割合を計算する必要がなくなり、帳簿付の効率化になるのでおすすめです。

会計フリーで家事按分を登録する方法はこちら

ポイント3 生命保険や健康保険などの控除に必要な書類を保管

生命保険や健康保険などの控除に必要な書類を保管

確定申告の際に必ずチェックしておきたいのが生命保険や健康保険などの控除額。この控除を活用することで、所得から一定額を差し引くことができ、節税につながります。

控除できる費用の例は以下の通り。

  • 医療費(10万円を超えた場合/例外もあり)
  • 生命保険
  • 地震保険
  • 国民健康保険
  • 国民年金
  • ふるさと納税による寄附金
  • 介護保険料や労働保険料などの社会保険料


保険や年金は年末あたりに控除証明書や1年間の支払い証明書が届くので、しっかり保管しておきましょう。意識しておかないと、確定申告の時に「あれ、はがきどこやったっけ?」となり、再発行依頼をする羽目になるので面倒になります。

医療費については、基本的には1年間に支払った医療費のうち10万円を超えた分が医療費控除の対象となります。対象になりそうな場合は領収書をとっておきましょう。

10万円未満であっても医療費控除を受けられるケースもあります。 年間の総所得金額が200万円以下の場合、医療費控除額は総所得金額の5%を年間医療費から差し引いた額となります。


ふるさと納税は、寄附した団体などから交付を受けた寄附金の受領証が届きます。利用したふるさと納税サイトのマイページから確認できる場合もあります。

確定申告のタイミングでは、会計フリーの案内に沿ってお知らせや領収書に書いてある金額を入力すればOKです!

ポイント4 マイナンバーカードを用意しておく

マイナンバーカードを用意しておく

会計フリーで確定申告をスムーズに行うためには、スマホアプリがおすすめです。

2020年までは、パソコンの会計フリーからダウンロードした電子申告ファイルをe-Taxにアップロードし、さらにパソコンにカードリーダーを接続してマイナンバーカードを読み込ませて認証する必要がありました。これだけでも国税庁が用意してるe-Taxのために色々なソフトウェアをインストールしたりする必要がないということで、とても評判が良かったのですが、2021年にリリースされた会計フリーの電子申告アプリでは、カードリーダー不要でスマホからサクッと確定申告を済ませることができるのです!
※この機能は有料プランの契約者のみ利用可能

専用アプリで申請をするためにはマイナンバーカードが必須になってきます。直前に焦って申請することにならないよう、早いタイミングで用意しておきましょう。

スマホで確定申告を行う具体的な方法は以下の記事でご紹介しています。

フリーランスが確定申告を30分で終わらせるための4つのポイント

【会計フリー(freee)】フリーランス が確定申告を30分で終わらせるための4つのポイント

確定申告をスムーズに行うには、日頃から帳簿付けや領収書、必要書類の保管に気を付けることがポイントになってきます。まだ会計フリーに登録していないという方は、早めのタイミングで登録して帳簿付の準備を進めておきましょう。

\今すぐクリック!/

メルマガ登録者限定!
初心者向け!ホームページ集客の手順書」をプレゼント中♪

お得なキャンペーン情報や新サービスのリリース、モニターさん募集などを
優先的にご案内します。

【無料】メルマガのご登録



WEB集客にお悩みの方やフリーランス女性に役立つ情報をメールで配信しています。
メルマガご登録者限定で「ホームページで集客するための手順書」をプレゼント中!
下記「メルマガに登録する」ボタンより、ご登録ください*

【会計フリー(freee)】フリーランス が確定申告を30分で終わらせるための4つのポイント

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
Contents
閉じる