【無料】メルマガのご登録はこちら メルマガ登録

会計ソフトfreee(フリー)の口コミレビュー!1年使ってみて感じたメリット・デメリットを徹底解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、Webデザイナー&マーケターのMarikoです。

フリーランスの心配事の一つでもある確定申告の時期がやってきました!
ご質問でもよくいただくフリーランスの経理処理問題。
私は全く経理関係の知識がなかったため、独立1ヶ月目からずっとフリー(freee)という会計ソフトにお世話になっています。

去年の確定申告の時に会計フリーを無料お試し版で導入しました。
難しいと思っていた確定申告が質問に答えるだけで30分以内に終了。あまりの便利さに感動して、その後もスタンダードプランで継続しています。
毎月領収書をレシートで撮るだけで自動で帳簿付できるので、経営処理にかかる時間は1時間/月位です。

そんなフリーランスの強い味方である会計フリーのメリットやデメリットを解説します。

この記事はこんな方におすすめ
  • フリーランスになったけど、簿記や会計に関わったことがなくて経理処理が一人でできるか不安
  • 会計ソフトを導入すべきか迷ってる
  • 会計ソフト・フリーを実際に使っている人の口コミレビューや評判を知りたい
CONTENTS

会計ソフトfreee(フリー)とは?

会計フリーとは、日々の帳簿づけをオンライン上で簡単に処理できるクラウド会計ソフトです。帳簿付けだけでなく、毎年訪れる確定申告に関しても、質問に回答するだけで自動で書類作成できるのもかなり嬉しいポイント!

「フリーランス・個人事業主向け」と「法人事業者向け」があるので、自身の業種・業態に合わせてプランを選択できます。

Mariko

今から開業される方は、「開業フリー(freee)」もおすすめ。開業届などの開業書類を誰でも簡単に作れる無料サービスですよ♪
無料で使える開業書類作成サービス「開業freee」はこちら

会計ソフトfreee(フリー)のメリット

会計フリーのメリット

会計フリーを使用する一番のメリットは、経理作業の効率化です。冒頭でご紹介した通り、私自身月初に約1時間の作業で1ヶ月間の売り上げや経費の登録ができています。
では、なぜ経理作業を効率化できるのか、具体的な機能をご紹介しながら解説いたします。

1.  簿記の知識がなくても帳簿できる

会計フリーを使うと、簿記の専門知識や経験がなくても簡単に勘定科目を仕分けして帳簿できます。簿記の知識がないと判断できない勘定科目も、人工知能が自動で推測してくれるため入力がとっても簡単!
会計の知識がないという方でも直感的に操作することのできるシステム設計になっています。
専門用語が少なく、初心者の方でも直感的に操作できるのも嬉しいポイントですね。

まずは無料版で使い勝手を試すこともできますよ*

freeeを無料でお試しする


2. スマホで領収書を撮るだけで経費登録できる

領収書をスマホで撮影して画像を取り込むだけで、自動で仕分けをしてくれます。画像で管理するので、紙の領収書を紛失してしまっても大丈夫。

Mariko

私は月初に前月分の領収書を取り込むことをルーティン化しています!取り込んだ領収書は月ごとにまとめて保管しておくと、後から確認のために探す時もすぐに見つけることができますよ。

3. 口座やクレカの入出金明細を自動で読み込み仕分けしてくれる

インターネットバンクの銀行口座やクレジットカードを会計フリーに同期すれば、なんと入出金の記録から自動で仕分けをしてくれます。本当に簡単すぎる!

普段使いの口座とクレジットカードだと後から経費と生活費を分ける作業が手間になるので、可能であれば事業用の専用口座やクレジットカードを作って同期することをおすすめします。

4. 請求書や領収書、見積書などの書類も会計ソフトfreee(フリー)内で作成可能

個人的にはこれも便利な機能の一つ。請求書や領収書、見積書をテンプレート化することで簡単に書類を作成できるだけでなく、請求内容を自動で帳簿付けしたり、会計フリーの画面上でクライアントにメール送信までできちゃいます。

5. 請求書発行→売上金の消し込みまで自動でやってくれる

通常の経理では売上を計上するときに、請求書の発行→売上の計上→入金確認→入金消込という4つの作業が発生します。

会計フリーの場合は、freee上で請求書を発行するだけで自動で記帳される上に、売掛金に対して入金があると自動で消込みをしてくれるため、必要な作業は4分の1!

6. 質問に答えるだけで確定申告を作成できる

フリーランスの心配事のひとつでもある確定申告。会計フリーでは、質問に沿って答えていくだけで簡単に確定申告の書類を作成することができます。

毎月の領収書登録をこまめに行ってれば、確定申告は30分ほどで終了です!

さまざまな会計ソフトがリリースされていますが、スマホから確定申告書の作成まで済ませてしまえるのは会計フリーだけです。(2021年2月現在)

Mariko

ちなみに、2020年の確定申告は約15分で終了しました。毎月月初に忘れずに会計処理を行っていたこともありますが、本当に簡単すぎてびっくり!

7. 会計ソフトfreee(フリー)の専用アプリでスマホでも簡単に登録できる

会計フリーは専用アプリがあるので、PCを開けない時や隙間時間でも気軽に経理登録ができます。請求書や見積もりの作成も会計フリー内で簡単にできるので、寝る前に寝転びながらささっと作業することも可能です。App Storeでのレビュー数が38,000件平均点4.5点を超えていることからも、使い勝手の良さが伺えますね!スマホでも最も使われている会計アプリです。

8. サポート体制が充実している

会計フリーでは、メール・電話・チャットによるサポートが提供されています。

電話をする余裕はないけれど素早く対応してほしい、というときにはチャットでの問い合わせがとても便利です。

会計ソフトfreee(フリー)のデメリット

会計フリーを1年間使用してみて特にデメリットは感じてないのですが、しいて言うのであれば以下の2点かと思います。

1. 維持費がかかる

月額や年額使用料が発生するクラウドサービスなので、導入後も毎月一定の維持費がかかります。ただ、税理士さんに頼むと年間50万くらいかかることを考えると、コスパはかなり良いかと思います。

2. 慣れるまで時間がかかる

会計フリーは日々の記帳や見積書・請求書作成、入出金の自動管理や確定申告など、従来の会計ソフトに比べて機能数がとても多いのが特徴です。便利な反面、すべての機能を使いこなすまでには少し時間がかかります。

とはいえ、最初からすべての機能を覚える必要はないので、困った時は都度サポートセンターに問い合わせるなどしながら、徐々に慣れていけば問題ないかと思います。

他社会計ソフトとの比較(会計フリー・マネーフォワード・弥生シリーズ)

会計フリーマネーフォワードクラウド弥生会計シリーズ
費用個人:月額980円~
法人:年間23,760円~
個人:月額980円~
法人:月額3,980円~
個人:無料~
やよいの白色申告 オンライン
個人:年間8,000円~
やよいの青色申告 オンライン
法人:26,000円~
弥生会計 オンライン
無料体験あり(30日間)あり(30日間)あり(60日間)
連携金融機関約3,500社約3,500社約1,200社
特徴専門知識がなくても会計処理が簡単に出来る。簿記の知識がある人向け。21年連続売り上げ実績1位。
プロフェッショナルな経営分析などが必要な人向け。

クラウド会計ソフトの中でも特に有名な「会計フリー」「マネーフォワードクラウド会計」「弥生会計オンライン」の3つを比較します。私自身、導入前にこの3つを比較検討し、最初は21年連続売上1位という実績に惹かれて弥生会計オンラインを無料トライアルで導入してみたのですが、正直使い方がよくわからずすぐに会計フリーに移行しました。 
弥生会計オンラインは請求・入金消込・経費精算、請求書作成などは別ソフトが必要だったりするので、簿記に自信がない初心者の方には会計フリーの方が使いやすいかと感じました。(フリーはこれら全ての機能をカバーしています)
マネーフォーワードクラウドは、簿記の知識がある方向けのシステム設計になっているため、会計業務は全くの初心者という方にはあまりおすすめできません。逆に、簿記の知識がある方にとっては、マネーフォワードクラウドの方が使いやすいかもしれません。
全て無料トライアル期間があるため、一度実際の操作画面で比較してみるのも良いかもしれません*

会計ソフトfreee(フリー)利用者の口コミレビュー

私以外の会計フリー利用者の方の口コミも少しだけご紹介させていただきます*
やっぱり確定申告の時に便利さを体感される方が多いみたいですね!確定申告の時だけ無料登録するのもありですが、1年分の記帳を一気に行うのは大変ですので、ぜひ来年の確定申告に向けて、今から登録してみてくださいね♪

会計ソフトfreee(フリー)の料金プラン(無料プランあり)

会計フリーの料金プランには、個人向けと法人向けプランがあり、さらにその中で機能数に応じた3つのプランがあります。支払い方法は年払いと月払いが選択でき、年払いにすると月払いに比べて約2ヶ月分お得なのでおすすめです。

すべてのプランに30日間の無料お試し期間があるので、実際に使ってみて継続するか判断するのが良いと思います。

個人事業主向け料金プラン

私は個人事業主向け料金プランの「スタンダードプラン」を契約しています。
「スタータープラン」には領収書をスマホで撮って自動で経費登録する機能がないため、個人的なおすすめは「スタンダードプラン」です。

スタータープランスタンダードプランプレミアムプラン
こんな方におすすめ必要最低限の機能を利用し、
確定申告を済ませたい方
日々の経理の効率化から
確定申告までを一括で行いたい方
確定申告に関する不安について
トータルサポートを受けたい方
月契約(税抜き)1,180円2,380円3,316円
年契約(税抜き)11,760円
(月980円)
23,760円
(月1,980円)
39,800円
(月3,316円)
利用できる主な機能・確定申告書類の作成
・申告書類の提出機能(電子申告対応)
・見積、請求書、納品書作成
・チャット、メールサポート
・スターター全機能
・レシート写真の読み取り無制限
・入金、支払管理レポート
・チャットサポート優先対応
・スタンダード全機能
・月締め
・電話サポート
・税務調査サポート補償

個人事業主向け料金プランについて詳しくはこちら

法人向け料金プラン

ミニマムプランベーシックプランプロフェッショナルプラン
こんな方におすすめ決算書類の作成と
記帳の効率化したい方へ
経理全体の効率化、成長にむけて
数字の可視化を実現したい方へ
リアルタイムな予実管理や
ペーパーレス化を実現したい方へ
月契約(税抜き)2,380円4,780円47,760円
年契約(税抜き)23,760円
(月1,980円)
47,760円
(月3,980円)
477,600円
(月3,980円)
利用できる主な機能・ユーザー上限3名まで
・効率的な記帳機能
・決算書の作成
・見積・請求・納品書作成
・入金・支払管理
・チャット/メールサポー
・ミニマムプランの全機能
・ユーザー3名まで無料
・請求書の定期・一括請求機能
・従業員の経費精算機能
・ワンクリックで振込
・電話サポート
・ベーシックプランの全機能
・ユーザー10名まで無料*1
・予実管理機能
・一括消込機能
・稟議(ワークフロー)機能
・部門別給与仕訳連動
・CRM(salesforce/kintone)連携
・より複雑な部門設定
・より複雑な申請経路の設定

法人向け料金プランについて詳しくはこちら

会計ソフトfreee(フリー)を無料で始める手順

ここからは、実際に会計フリーを無料で始める手順をご紹介します。

STEP
会計ソフトfreeeにアクセスする。

以下のリンクから会計フリーにアクセスします。

会計フリーにアクセスする

STEP
「無料ではじめる」をクリック
会計ソフト・フリーを無料で始める

「個人」もしくは「法人」からご自身の業務形態に合ったプランの「無料ではじめる」をクリックします。
今回は「個人」プランを例に進めていきます。

STEP
メールアドレスとパスワードを入力して「freeeを始める」をクリック
無料でfreeeを始める

「事業形態」「メールアドレス」「パスワード」を入力して、「freeeを始める」をクリックして次に進みます。

STEP
メールアドレスが正しいことを確認

先ほど登録したメールアドレス宛に、「[freee]メール認証キー送信のお知らせ」が届きます。
メール認証を完了するために、メールアドレスに記載のリンクから、会計フリーにログインします。

STEP
メールアドレス認証後、初期設定に進む
会計freeeのメール認証

メールに記載のリンクからログイン後、アドレス確認の完了画面が表示されるので、「進む」をクリックして初期設定に進みます。

STEP
各質問項目を選択し、次へ
会計フリーの初期設定

「業種」「これまでの会計のやり方」「経理や確定申告を行う年度」を選択し、「次へ」をクリック。

STEP
利用するプランを選択
会計フリーの料金プラン

「スタータープラン」「スタンダードプラン」「プレミアムプラン」から、無料で試してみたいプランの「○○プランのお試しはこちら」をクリックします。一番下の小さい青字のリンクです。

はじめる」をクリックしてしまうと、クレジットカード入力画面に進み、料金が発生してしまうのでご注意ください。

STEP
スマートフォンアプリをダウンロード
会計フリーの専用アプリ

専用アプリのダウンロード画面に進むので、このタイミングでダウンロードしておきましょう。
会計フリーのアプリは隙間時間に作業できるくらい使い勝手が良く、とってもおすすめです。

ダウンロードが完了したら、「次へ」をクリック。
※ダウンロードしなくても、次に進むことは可能です。

STEP
無料お試し版「会計フリー」の開始!
会計フリーのホーム画面

会計フリーの無料お試し版を開始できます。右上に無料プランの残り日数が記載されるのでわかりやすいです*
無料トライアル期間終了後も利用したい場合は、赤枠部分から「プラン・お支払い設定」に進んでお申し込みをします。
無料トライアル期間終了後、何もしなければ料金が発生することなく終了となります。

右下赤枠部分から、いつでも電話サポートやチャットサポートに連絡を取ることが可能です。

会計ソフトfreee(フリー)の口コミレビューまとめ

会計フリーのメリットとデメリット

冒頭でお伝えした通り、会計フリーのおかげで、毎月の経理処理にかかる時間は約1時間です。
月1,980円で毎月の経理処理から確定申告まで、知識がなくとも簡単に処理できるのは、経理の効率が大幅にアップすることはいうまでもなく、税理士さんを雇うことを考えると料金的にも素晴らしいコストパフォーマンスだと感じます!

無料トライアルがあることも良心的。まずは、無料でお試ししてみて便利さを是非実感してみてください*

\今すぐクリック!/

メルマガ登録者限定!
初心者向け!ホームページ集客の手順書」をプレゼント中♪
無料メルマガ登録はこちら

毎週月曜日
たった10秒で身に付くWEBマーケティングの豆知識」を公式LINEで配信中!
LINEのお友だち追加はこちら

【無料】メルマガのご登録



WEB集客にお悩みの方やフリーランス女性に役立つ情報をメールで配信しています。
メルマガご登録者限定で「ホームページで集客するための手順書」をプレゼント中!
下記「メルマガに登録する」ボタンより、ご登録ください*

会計ソフトフリー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
CONTENTS
閉じる